読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Net Life Investigation blog

blog.net-li.com 身の回りで気になることを淡々と記載していきます

一度買ったネギを無限に食べ続ける方法

園芸

最近野菜が高いです。
台風の影響もあり、葉物、ネギ類の価格が高騰しています。
でも、やはり緑の野菜を食べないと体調が悪くなりますので、
極力摂取したいものです。
そんなとき、庭やベランダに、ネギが生えていると、
納豆を食べる時、ラーメンを作った時など、
いろいろな時にちょこっと使えます。

そんなネギの栽培。栽培というと種から育てたり
苗を買ったり・・・

しかし、難しいことをしなくても、
スーパーで買ったネギを植木鉢にさして、たまに水をあげていれば勝手に育ち、
無限に食べ続けられるのです。


とれたてのネギはやはり香りが違う。しかもタダ。

そんな方法について、下記に記載します。


f:id:saitamagatama:20140921185431j:plain
こんな感じで、根っこが付いているわけぎを使います。
根っこが切り取られている、いわゆる長ネギは難しいです。

f:id:saitamagatama:20140921185311j:plain
根っこ付近を、5cm程度残して切ります。
あまり、ぎりぎりまで使ってしまうと、
再生するエネルギーがなくなり、枯れます。

f:id:saitamagatama:20140921185104j:plain
今回は、夕飯のときに使用したネギを翌日植えるので、
一晩そのままになってしまい、根っこが乾くと良くないので、
濡らしたティッシュペーパーをまいて、輪ゴムでとめておきました。
そのまま植えるなら、この工程は不要です。

f:id:saitamagatama:20140921184429j:plain
こんな感じで、突き刺しておきます。
土は、野菜用の土が良いと思おいます。
ホームセンターでも100均でも売ってます。
それを植木鉢に詰め込んで、水をたっぷり入れて、ぐちゃぐちゃに混ぜて、
ネギの根っこを差し込みます。

【参考】
f:id:saitamagatama:20140921184320j:plain
半年前に植えたネギです。
少しずつつまんで食べてます。


水やりは、表面の土が乾いてきたらたっぷり与えます。
差し込んだ直後は、根づいていないので、土を乾かさないように管理してください。
土の栄養がなくなると、育ちが悪くなりますので、そんなときは新しい土に植えかえるか、
肥料をあげてください。
また、何年か経つと、球根に子どもができるので、込み合ってきます。
そんなときは、株分けしてください。
尚、あまり密集させるとネギアブラムシがつきますので、そんなときは、
地道に補殺するか、牛乳スプレーなどを使用して、対策してください。