Net Life Investigation blog

blog.net-li.com 身の回りで気になることを淡々と記載していきます

コメダ珈琲店の関東進出により、名古屋へ行く楽しみが一つ減ってしまった

こんにちは。週の半ばで休みが入ると気が楽です。

ここのところ、名古屋へ行く楽しみが一つなくなりました。
何かと申しますと、最近、東京都内および郊外に、コメダ珈琲店という
喫茶店チェーンが乱立しているのです。

今まで、関東地方での喫茶店チェーンといえば

 ・ベローチェ
 ・ドトール
 ・ベックス
 ・珈琲館

の言わるゆる喫茶店と、

 ・スターバックス
 ・エクセルシオール

のシアトル系の喫茶店がありましたが、

そこに、「名古屋系」が進出してきたというかたちとなりました。  

僕自身のことを申し上げると、名古屋に出張に行ったときに、
ユニモールのコメダ珈琲店で打ち合わせまでの時間をつぶし、
帰りには、味噌カツを食べて帰るのが、定番だったのですが、
ちょっとわくわく感が減ってしまいました。

会社帰りに、JR総武線の錦糸町駅近くのマルイにコメダ珈琲店が
入っているのを見て、その時は大喜びしたのですが、今は少しさびしい。

まるで、芥川龍之介の芋粥のような心境になっているところです。

コメダ珈琲店のサイト


珈琲所 コメダ珈琲店 ホームページ

を見ると、

•2003年 6月 コメダ珈琲店の関東初の店舗として、横浜江田店をオープン

とありますので、知らないだけで、結構昔から関東に進出していたことがわかりました。

地方で成功し、東京進出、全国展開というのは、企業活動としては、正しい方向なのかとは
思いますが、その地方独特の雰囲気というか、空気感みたいなものが、
それで薄まっていくのは少しさびしい気がしています。

まあ、近所にこれからできる、コメダ珈琲店にシロノワールを食べにいくとは思いますが。